Project MIKHAIL

プレイガイド

メンテナンスベイ

取得した兵装(機体パーツ、武装)などを使って、製造・分解・改造を施し、兵装をパワーアップできる画面です。
戦術機の色やエンブレムを変えて好みの見た目にすることもできます。

製造

素材アイテムを使って兵装(機体パーツ、武装)を製造することができます。
製造できる兵装は、開発または取得したことのあるパーツに限定されます。
製造した兵装のレベルは出撃レベルと共に上がっていき、製造に必要な素材アイテムの数も増えていきます。
製造時、稀にレベルやレア度が上がる場合があります。特性はランダムで決まります。
武装(同じ武装種のいずれか)・OSプラグイン・機体制御補助装置がレジェンダリーのレア度で製造される際、異なる種類が製造される場合もあります。

解体

兵装(機体パーツ、武装)を解体し製造や改造に必要な素材アイテムを取得します。
取得できる素材の数は、兵装のレア度とレベルが高いほど多くなります。
同時に100個までの兵装を解体できます。

改造

所持している兵装(機体パーツ、武装)の特性を改造し、パワーアップできます。
改造は、「特性追加」と「特性変更」の2種類があります。
特性追加
クレジットと素材アイテムを消費して、兵装(機体パーツ、武装)の特性を1つ追加します。
追加できる特性の数は1~2つで、兵装個所毎に決まっています。
必要なクレジットと素材アイテムの量は、兵装のレア度とレベルが高いほど多くなります。
特性変更
クレジットと素材アイテムを消費して、兵装(機体パーツ、武装)の特性を1つ変更します。
変更後の特性は3つランダムで選出され、その中から1つ任意で選択できます。
一度特性変更を行うと、追加した特性と変更した特性以外は特性変更できなくなります。
必要なクレジットと素材アイテムの量は、兵装のレア度とレベルが高いほど多くなります。

売却

兵装(機体パーツ、武装)を売却してクレジットを取得します。
クレジットは特性追加や特性変更で使用します。
取得できるクレジットの量は、装備のレア度とレベルが高いほど多くなります。
同時に100個までの装備を売却できます。

一括選択と一括選択フィルター

売却画面と解体画面では『一括選択』することで上から100個までの兵装をまとめて選択することができます。
また、一括選択フィルターから一括選択する兵装の条件を選択できます。
スライダーで設定したレベルと、レア度、機体パーツ、武装、世代、設計思想のうち、
チェックの入った条件の兵装のみが一括選択で選択されるようになります。

装飾

戦術機にペイントを塗ったり、エンブレムを貼り付けたりと見た目を変更することができます。
装飾によって戦術機の性能が変化することはありません。
また、トランスモグが適用されている部位にはトランスモグに装飾が反映されます。
ペイント
戦術機を好みの色合いにペイントすることができます。
6つの部位それぞれに4つの色を指定することができます。
エンブレム
頭部、胸部、右主腕、左主腕、主脚の装甲の好きな位置にエンブレムを貼ることができます。
エンブレムは1部位につき、最大5種類まで選ぶことができます。
異なる部位であれば同じ種類のエンブレムを複数貼ることもできます。

アイテム一覧

所持している「機体パーツ」「武装」「素材アイテム」「納品アイテム」「チケット」を確認できます。

兵装転送

クロニクルから確率時空、または確率時空からクロニクルへ、兵装(機体パーツ、武装)を転送できます。
転送には兵装転送券を1枚消費します。兵装転送券は以下の3種類があります。
兵装転送券[展開]
クロニクルから確率時空への転送に必要なアイテムです。
所持数は確率時空/クロニクルで共有されており、利用期限はありません。
兵装転送券[保存]
確率時空からクロニクルへの転送に必要なアイテムです。
所持している確率時空が封鎖するまで利用できます。
兵装転送券[保存/展開]
クロニクルから確率時空へ、確率時空からクロニクルへの転送の両方に対応したアイテムです。
所持数は確率時空/クロニクルで共有されており、利用期限はありません。
※転送する際消費される兵装転送券は、兵装転送券[保存]または兵装転送券[展開]が優先されます。
※兵装転送券は現在ゲーム内での入手方法がありません。入手方法が確立するまで定期的に配布いたします。ご了承ください。
目次